中小企業向けテレビ番組関係者向け格安プレスリリース配信サービスSeeSeedS-シーシーズ-

月額4万円からはじめる広報・PR(アピール)活動

中小企業だからこそ、まずは広報的な取り組みに力を入れたい、テレビで取り上げられることで集客やブランディングに繋げたい、そんな想いにお応えします。

テレビ向けプレスリリース配信なら名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

月額4万円から
はじめる
テレビ番組関係者へのPR

知名度向上、販売促進に広告が役立つことは知られています。しかし、広告とは別に「PR(ピーアール)」という手法で知名度/認知度が向上する、社会的信頼が高まる、販売促進ができることはまだまだ知られていないようです。PRとは"世の中に知られるための仕掛けづくり"です。例えば、既に影響力のあるテレビ、新聞、Webメディアなどに記事、取材をしてもらうことで、自社への好意的な口コミ形成が期待できます。

メディアやプレス関係者といわれる取材側も、良質なコンテンツ制作のため、知られざる優良企業や新しい魅力を持つ企業を求めて日々情報を集めています。そのような情報を求めているメディア関係者の目に留まるためにはどうしたらいいのでしょうか? その答えが「メディア関係者(テレビ)と企業のマッチングサイト"SeeSeedS"(シーシーズ)です。」

「広告」と「PR」のちがい

Created with Sketch.

どちらも最終的な目的(ゴール)は、自社及び自社ブランドの認知向上・浸透ですが、

そのアプローチ主体や目的達成までのスピード、コスト等に違いがあります。

<広告>“早く確実に狙ったターゲットに「自社」でメッセージ” を届ける 


訴求したいターゲットが利用する情報メディアの広告枠を買い、確実に情報を届けます。
自社発信の情報であるため、伝えたいメッセージ・タイミング・予算を全てをコントロールできます。例)テレビCM、雑誌の純広告、Facebook広告 等

認知向上・浸透速度 ▶ 速い
コスト ▶ 情報メディア広告費+広告素材の制作費
例)スカイシーズの場合 テレビCM広告費 月額10万円+15秒動画素材 30万円

<PR>“「マスコミ等の第三者」による企業の口コミ情報” が広がる


マスコミ向けに自社情報(プレスリリース)を配信し、プレスリリースを受け取ったマスコミから取材があり、テレビCM枠(広告枠)ではなく、メディア側の情報番組内で紹介されるイメージです。届けたい情報、タイミング、ターゲット層等をコントロールすることは難しいですが、第三者による情報という側面から社会的信頼を構築できます。

認知向上・浸透速度 ▶ じわじわ
コスト ▶ 仕掛けづくりにかかる費用
例)プレスリリース配信費用、取材にかかる諸経費の負担 等

広報PR活動とは?

Created with Sketch.

広報PR活動における最も一般的な手法は「プレスリリース」の配信です。プレスリリースとはメディア(TV・新聞・雑誌・ニュースサイト)を対象として公表する「報道用資料」です。メディア側はプレスリリースを見て、取り上げる価値があるかどうかを判断します。必要があれば取材する、あるいはそのまま信頼して自社の媒体に掲載するか等を決定します。メディア側の情報の源、それがプレスリリースです。企業側にとっては、メディア関係者にアピールするための第一歩となります。

・企画(テーマ・コンセプト立案)

自社の斬新性・話題性・インパクトにあるテーマ立案
 ・企画を伝えるツールを作成

メディア・プレスへの 「報道用資料」 (プレスリリース)作成
企画を拡散してくれるメディアへのアプローチ

プレスリリース配信。多くの企業では、PR会社と呼ばれる専門業者を利用し、メディア(新聞社、雑誌社)などを訪問しアピールする。 スカイシーズもこのようなPR活動代行をしています。

プレスリリースを活用するメリット

Created with Sketch.

<メリット1:コストを抑えながらメディア関係者へ知名度向上を図れる>

プレスリリースを配信することは、メディアとのコミュニケーションの最初の一歩です。
社内の広報的なコンテンツを活用することでコストを抑えながらメディア関係者への知名度向上を図れます。

<メリット2:メディアからの取材を受ける可能性が拓ける>

継続的にプレスリリースを配信することで、圧倒的な影響力を持つメディアの目に留まり、報道・取材を受ける可能性が拓けます。プレスリリースの更新頻度が高い会社は、メディア関係者にも覚えられやすいというメリットがあります。

<メリット3:メディアによる取材を受けた場合の情報の拡散性と集客力(※)>

貴社の情報が無料で拡散し、結果として数十万~数千万円かかるCM費用と同等以上の価値の広報活動につながる可能性が拓けます。またテレビ番組を目にした他のメディアやSNSでの拡散を含めると更に価値ある広報活動へと展開される可能性も広がります。

※取材をする価値があるかどうかは当然メディア側の判断となりますが、取材される可能性が拓けるためのプレスリリースの「書き方のポイントの紹介」や「プロによるサポートサービス」などもスカイシーズ-SkySeas-では用意しております。

SeeSeedSサイトのメリット・特徴は?

Created with Sketch.

ホームページやSNS発信等による宣伝広告が注目度をあげていますが、未だに全世代が長い時間目にしている情報はテレビを通じたものであるとのデータが広告のプロの間では確認されています。一方で、TVのプロデューサーやディレクター、制作会社等はテレビ受けするニュースを日々探しています。この間を繋ぐのがTVに強い総合広告会社スカイシーズが運営するマスコミ向け情報発信サイトシーシーズ-SeeSeeds-です。

SeeSeedsは総合広告会社が運営するプロのメディア向け情報発信サイトです。
料金プラン等で詳細は異なりますが、基本的機能は以下の通りです。

(1) 未上場企業を当面の対象としていますが、企業の製品やサービス、事業内容等をSeeSeedsに掲載します。
(2) スカイシーズがプロとして円滑な関係を築いているTV会社や制作会社のプロデューサーやディレクター、制作会社等に情報提供します(以下、アウトバウンドと称します)
(3) マスコミの情報制作会社等がSeeSeedsのサイトを「ネタ探し」のために訪問します。
(4) アウトバウンド、インバウンドの結果プロのマスコミ会社が興味を持った案件では彼等が企業訪問をして取材を行いTVの情報番組等に組み込まれていく。

(1)~(4)が基本的な流れです。シーシーズサイトを活用した広報・PR活動のメリットは以下の通りです。

<メリット1:広報活動にかかる費用を大幅に削減できます>

企業様ご自身が実施される場合、全国何千社とあるメディア側のリスト作りに始まり、プレスリリース記事の作成、作成記事のFAX、郵送などによる発送まで膨大な人件費、時間、諸経費が必要です。そのような時間を削減する為、PR会社と呼ばれる専門業者を利用する場合、年間数百万円以上の費用がかかります。
本サービスをご利用いただくことでこれらの費用と時間を大幅に削減することができます。

<メリット2:直接テレビメディア関係者に宣伝します(アウトバウンド)>

プレスリリースをいくら配信しても成果が分かりにくく社内を説得できないというお声もききます。一般的な商品が売れるまでの過程と同じで、メディアに対しても一回のアプローチで成約(取材)に至ることはまれです。当サービス運営会社であるスカイシーズは広告代理店として全国の全てのテレビ局と17年以上信頼関係を構築しています。この強みを活かして、各テレビメディア関係者に直接掲載者様の情報を宣伝させていただきます。

<メリット3:広報活動の成果が保証されています>

広報活動の大きな課題は成果が見えにくいことと言われています。シーシーズサイトはこの広報活動の課題を解決するために、「成果保証プラン」を用意しております。経営指標(KPI)の設定や効果の測定まで広報活動の価値を「見える化」させていただきます。※成果保証プランのお客様が対象となります。

<メリット4:直観的に利用できるサイト設計>

通常、FAX、郵送、専門業者によるメディアへの直接訪問などを通して行うプレスリリース配信をシーシーズサイトはオンライン上で配信(公開)します。プレスリリースの書き方に慣れていない方でも漏れなく情報を届けられるよう、使いやすさにも配慮して作られていますので、システム上に情報をアップしていくだけで情報公開ができる手軽もメリットです。

<メリット5:プレスリリースサ―ビス利用時に注意する点へのアドバイスが得られる>

プレスリリースを配信する場合、「特許取得予定の情報」や「新聞などに掲載される予定がはっきりしている情報」はプレスリリースとしてネット上で配信することは避けた方がよいケースがあります。SkySeasは、プレスリリース作成の過程でこうした「注意すべき点」や「発表のタイミング」等に関するプロのアドバイスを行えます。
※スタンダードプランのお客様が対象となります。

プレスリリース配信なら名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

SeeSeedS-シーシーズ-サービス概要

プレスリリースをマスコミに発信することで、個人企業主の方、小規模中堅企業の方のきらりと光る個性を世の中に届けたい、知っていただきたいという想いからどの広告よりもリーズナブルに気軽にはじめていただけることをコンセプトとして、SeeSeedS-シーシーズ-は誕生しました。料金プラン、SeeSeedSを通してどんな成果が得られるのかについて以下にて紹介しております。

あぁ!広報PR活動もったいない事例1

Created with Sketch.

社内向けの広報誌、お客様向けの会報誌。「作ってそのまま」さんになっていませんか?せっかく苦労して作られたのですから、もう少しだけアピールしてみませんか?プレスリリース向けに広報誌の内容を少しアレンジするだけで、会社の魅力に惹かれたメディア関係者から取材される可能性が広がります。メディアに取材されましたという形での情報拡散は社外からの注目度が高いだけではなく、社内の活性化にも効果があります。

あぁ!広報PR活動もったいない事例2

Created with Sketch.

 「プレスリリース」を作って自社のHPに掲載したけど、これでいいのかな?なかなか記事にならないって聞くけど・・・。 「自社のHPに掲載してそのまま」になっていませんか?プレス・メディア関係者の方は専用の情報収集ルートがあります。このルートに乗せることが大切であることはあまり知られていないかもしれません。SeeSeedS-シーシーズ-サイトの“成果保証プラン”の場合、報道機関関係Webサイト(朝日新聞デジタル、毎日新聞デジタル 等々 転載先)への記事掲載やテレビ情報番組で紹介される仕組みです。

あぁ!広報PR活動もったいない事例3

Created with Sketch.

プレスリリースを配信しているのになかなか成果が出ない・・・そんな広報担当者様、はじめて広報担当者になって右も左もよくわからない・・そんな方にも是非お伝えしたいポイントがいくつかあります。

基本的なプレスリリースの書き方のコツは次項の「プレスリリースの書き方のコツはあるの?」をご参照ください。

さらに、よくある惜しいプレスリリース記事のタイプをお知らせします。是非このもったいないタイプにはならないよう、充分ご留意ください。

意外とよくある?あぁもったいない!プレスリリース記事例)事後報告型プレスリリース記事

「〇〇というお店が開店しました」「〇〇という新サービスをリリースしました」

これでは、「情報の鮮度」が命であるメディア側としてはがっくりきてしまうのです。
どのメディアであっても、自分(メディア)達が一番に記事にしたい、取り上げたいと思っているため、事後報告型プレスリリースには涙してしまうのです。
プレスリリースでは〇〇というお店が開店する前に、〇〇という新サービスをリリースする前に「〇〇(ターゲット)に向けたという●●店が××にA月B日に開店します!」といった事前報告型にしていただくだけで、劇的に変わることがあります。

例えば、新店舗がオープンするエリアのテレビ局関係者に向けてプレスリリースを配信し、取材に行きたい、オープン当日の映像を撮りたいと思わせることができれば、大成功です。開店予定、リリース予定の4日前までにはプレスリリースを配信すれば、番組の企画会議に間に合うそうです。

プレスリリースの書き方のコツはあるの?

Created with Sketch.

プレスリリースを配信しているのになかなか成果が出ない・・・そんな広報担当者様、はじめて広報担当者になって右も左もよくわからない・・そんな方にも是非お伝えしたいポイントがいくつかあります。

基本的なプレスリリースの書き方のコツを3つご紹介します。

<ポイント1:プレスリリースの中身に社会的価値があるか?>

広報PRにおいて、最も大切にすべきポイントは、「自分目線」ではなく「メディア目線」です。社会的価値がないプレスリリースは取り上げられません。そのために、一番大切なのは、メディア側が取り上げる価値があるテーマを選ぶことです。

*SeeSeedS-シーシーズ-サイトでは、プロが企画テーマの選定から一緒に考え、企業の魅力を第三者的に考え提案するプランがございます。

<ポイント2:プレスリリースタイトルは見出し9割>

メディアには多いところでは1日200枚前後のプレスリリースが届きます。番組を制作するディレクター個人にも直接1日30枚前後のプレスリリースが届きます。当然、全てのプレスリリースの中身を読むわけではなく、中身まで目を通すかかどうかを一瞬で判断します。
この一瞬で勝負するための技術をいくつか紹介します。

・ターゲット(視聴者側、メディア側)が入っているか?
・タイトルだけでプレスリリースの内容の8割が簡潔に伝わるか?
・タイトルだけでプレスリリースの内容が一言で分かるだけではなく“驚き”を与える数字または 単語が入っているか?詳細は「プレスリリースタイトルのポイントは?」をご参照ください。
   
<ポイント3:プレスリリースの読み手のニーズに応えていますか?>

メディア毎にプレスリリースに期待することが違います。
例えば、テレビ局からの取材を期待する場合、<動画>などがあると、どのような映像がとれるかが明確になるので、反響率が変わります。絵になるかどうかを想像させるプレスリリースを行うことが必要になります。
自社が取材をいただきたい番組などをまずはしっかりと研究し、見てみることが大切です。番組ゴトに欲しいテーマは異なります。ファンになることで自ずとニーズに応えるプレスリリースが分かります。

広告・PRを人々の長期記憶として定着させるためのポイント3つ

Created with Sketch.

記憶は、一般的には大きく『短期記憶』と『長期記憶』に分かれます。
・短期記憶:数時間から数日単位で消えていく一時的な記憶です。
 『今朝、朝ご飯に何を食べたか?』を覚えているような種類の記憶です」。
・長期記憶:短期記憶の中から捨てるべき記憶か、長期記憶として残しておくべきかを海馬が振り分けます。

 長期記憶にふりわけられると、前頭葉や側頭葉という倉庫にある『引き出し』にしまわれ、 長く記憶されていくというメカニズムになっています。

◇長期記憶となるためのポイントは3つ◇

認知獲得ポイント1)『印象が強烈なもの(強いインパクト=驚き)』
認知獲得ポイント2)『自分にとって重要であると認識したもの(自分ゴト化=共感)』
認知獲得ポイント3)『反復性(頻度)』

広告の場合、強いインパクトと頻度で長期記憶(認知)を目指します。PRの 場合、強いインパクトや自分ゴト化を促すテーマで「認知」を目指します。

最重要!プレスリリースタイトルのポイントは?1

Created with Sketch.

プレスリリースタイトルは見出し9割です。プレスリリースに限らず、テレビCM等の広告、会社の企画書等でも是非活用いただきたい人の心を一瞬でつかむ技術を紹介します。
情報に溢れた現代社会。なんと情報量がこの10年間で530倍に増えたともききます。人がその情報を読むかどうかを決める時間は「たった1秒」。1秒で内容を読ませる工夫が成果を生み出します。1秒で惹きつけるためには、「驚き」か「共感」を与えることが大切といわれています。

 ◇ プレスリリースタイトル虎の巻 (驚きを与える編)◇

(1)希少性という驚きを与える: (裏付けとなるデータが必要な場合があります)

世界初、日本初、業界初、本邦初公開、地域初出店、世界最大、日本最大、地域最大、世界最速、最先端、地域唯一、季節限定、一番、No.1

□事例)ユニクロ・・・銀座店をリニューアルオープンする際に「世界最大のグローバル旗艦店」として発表。

<新規要素><品質要素><技術要素><大成要素><業績要素>いずれかの分野においてNo1、〇〇初といえることがないかどうか、探してみてください。必ず、見つかります。私どもスカイシーズの場合、テレビCMが日本一の価格と品質であるという点を特徴として見出しました。

(2)意外性(ギャップ)という驚きを与える単語: (比較的どなたでも取り組んでいただけるおススメの手法です)

身近なモノと自社の商品・サービスの特徴を伝える新しい造語を作る>
□事例)香川県「うどん県」 「PCメガネ」

マイナスなイメージもつ単語と自社の商品・サービスを組み合わせて造語を作る>
□事例)「美魔女」「人をダメにするソファ」

自虐的な要素を取り入れる>
□事例)埼玉県「海なし県」、鳥取県「スタバはないけど“スナバ”はある!」

最重要!プレスリリースタイトルのポイントは?2

Created with Sketch.

プレスリリースタイトルは見出し9割です。メディア関係者のもとには、プレスリリースが毎日たくさん送られてきます。人がその情報を読むかどうかを決める時間は「たった1秒」。タイトルを見て、内容を読んでいただく工夫が必要です。1秒で惹きつけるためには、「驚き」か「共感」を与えることが大切といわれています。今回は、共感を与えるコツを紹介いたします。*プレスリリースに限らず、テレビCM等の広告、会社の企画書等でも活用いただけます。

 
 ◇ プレスリリースタイトル虎の巻 (共感を与える編) ◇

時事的なテーマで共感を与える>
□事例)副業、人生100年時代、AI、ドローン、月旅行入り福袋、サラリーマン川柳、今年の漢字

数値+商品名組み合わせた造語で共感(お得感)を与える>
□事例)「990円ジーンズ」「90円寿司」

癒し要素で共感を与える>
3Bの法則Beauty美女・Beast動物・Baby赤ちゃん)やゆるキャラなどを

トレンド感で共感を与える>
「流行語大賞」「ベストジーニスト賞」「〇〇記念日」「〇月×日はアイスクリームの日」「予約が取れない〇〇店」

□事例)売上実績レポート型「コロナ対策でこれが売れました!」
□事例)調査レポート型「コロナ対策で何を変えましたか?1万人アンケート調査結果」

社会貢献感で共感を与える>
SDGs 持続可能な社会を世界レベルで実現するために、2015年9月に国連で合意された世界共通の目標「SDGs(Sustainable Development Goals:エスディージーズ)」への自社の取り組み状況 等、「地球・社会にやさしい会社」であることを伝えるテーマ

他社のプレスリリースよりも「面白そう」「輝いている」「目立っている」とメディアに取り上げられる可能性がぐっと高まります。

今メディアに注目されやすいテーマは「SDGs」

Created with Sketch.

◆SDGsとは
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2016年から2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するための
17のゴール・169のターゲットから構成されています。
内容詳細は、国連のHPよりご覧ください。

◆SDGsの歴史

2000年代:企業CSRの浸透

2010年代:ESG*の浸透

*ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったものです。企業の長期的な成長のためには、ESGが示す3つの観点が必要だという考え方。またそのような観点を取り入れている企業に投資しようという動きが「ESG投資」

2015年:国連サミットでSDGs採択、消費者庁エシカル消費啓蒙・普及活動開始、GPIF*がESGの視点を反映させる国連原則に署名

*GPIFとは「Government Pension Investment Fund」の略で、年金積立金管理運用独立行政法人。日本の公的年金(厚生年金と国民年金)のうち、年金積立金の管理・運用を行う独立行政法人のこと。

2018年:SDGs考え方の活用含んだ「第五次環境基本計画」閣議決定、SDGsのメディア協定を発足 朝日新聞や日テレも加盟


◆広報テーマとしての魅力度
・SDGs市場の価値:年間12兆ドル、約3億8000万人の雇用を創出する魅力的なテーマとして注目されています。
・ESG投資市場:2.2兆ドル(前年比360%増)。

 事例)地域銀行系のベンチャーキャピタル等が地域活性化を目的に 地域事業者を支援するファンドを作るなど、SDGsに取り組む企業への金融的な支援もはじまっています。

・SDGsのメディア協定を発足し、 朝日新聞や日テレも加盟し、SDGsに関する報道を行うことを約束しています。

・消費者へのブランディング調査の結果、企業の魅力を感じる取組み分野の 第一位に「環境分野 」がランクインしています。環境問題へ積極的に取り組む姿勢を伝えることが自社ブランディングに繋がります。また、消費者庁も<エシカル消費思考>を推奨しており、利益追求だけではない企業の姿勢は社会全体の要請であると同時に魅力的な企業イメージを与えるものであることが分かります。

□事例)地球環境にやさしい取り組みを実施していることが証明できる国際規格「ISO14001」を取得するホテルは年々増加しています。

プレスリリーステーマ一覧表

Created with Sketch.

プレスリリースの種類は大きく2種類<企業/組織情報><商品/サービス情報>の2種類です。タイミングも含めると、大きく20種類に分けることができます。

【企業/組織情報】

1)総務・人事情報
オフィス移転をはじめ、人事異動、役員交代など、総務や人事関連の新情報。

2)決算・資金調達・資本提携
経営状況や財務状況(資金調達や資本提携)、業績動向に関する情報。

3)合併、業務提携
他社とのシステムやサービス、代理販売などの業務における提携情報。

4)売上・業績報告
売上状況や予約状況、アプリダウンロード数などの業績情報。

5)社名・ロゴ変更
社名やロゴを変更における、理由や理念、新デザインを発表情報。

事例)旭硝子→AGCへの社名変更はプレスリリースだけではなく、新社名を周知する一連のコミュニケーション活動の広告キャラクターとして、俳優の高橋一生さんを起用し、2018年6月からテレビCMを放映しています。「なんだし、なんだしAGC」で2020年現在もテレビCM展開を継続されています。

6)CSR発表
CSR(corporate social responsibility=企業の社会的責任)に関連する情報。

7)社内制度・福利厚生制度
ユニークな内容や社会に注目を得られそうな社内制度や福利厚生関連情報。

□事例)“ドラゴンボール休暇”でWBSをはじめ、多くのメディアで話題になった世界初・スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を企画販売する[株式会社オアシススタイルウェア]

□事例)“タニタ食堂”は、今はレストラン出店していますが、元々は社員の為のカロリーコントロールや健康支援のための福利厚生制度として話題になりました。

□事例)“6時間労働制「ろくじろう」”を導入し、15時に帰れる会社として話題になった企業は・・・今ではお馴染み日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する[スタートトゥデイ]です。

8)不祥事対応
自社で不祥事が生じた際に、謝罪や対応についての情報。

9)誤情報の訂正
自社に関する誤情報が出回った際に、訂正情報。

10)報道見解発表
報道や社会動向において、見解を求められる際に発表する情報。

【商品/サービス(プロダクトマーケティング)情報】

11)新商品・新サービス発表
新商品や新サービスの概要や特徴、その開発背景(社会背景)情報。

12)記者会見・イベント告知(案内状)
記者会見、イベント概要や目的、出演者情報。メディア取材誘致を行なう際は、案内状を送ります。

13)記者会見・イベント事後レポート
イベントで開示した内容やイベントの様子をレポートする情報。

14)イメージキャラクター就任
タレントなどをイメージキャラクターとして起用情報。

15)CM放映・広告展開
自社製品やサービスの新たなCM放映や広告を展開情報。

16)商品・サービスリニューアル
既存サービスのリニューアルや機能追加などの更新情報。

17)キャンペーン告知
一般向けキャンペーンを実施する際のキャンペーン概要や目的を伝えます。

18)コラボレーション
他社と共同による商品開発やイベント実施などのコラボレーション概要。

19)社員・製品の功績発表
社員や自社製品に対して、外部の賞などを受賞した際の功績に関する情報。

20)調査レポート
調査機関などで調査を実施し、自社に関連のある社会事象としてレポート形式で発表します。BtoC企業を中心に、少しでも掲載の可能性をあげようと、調査リリースに取り組む企業が増えています。広報会議2016年7月号によると、広報会議が調査した111社のうち約4割の企業が調査リリースを実施しています。BtoB企業でも業界ならではの事実を調査レポートにされることで、メディア露出が増えると人気のプレスリリーステーマです。

□事例)[株式会社ミロク情報サービス]事業主と税理士・公認会計士の事務所経営に関する実態調査事務所経営を始めたきっかけは、「やりがい(独立志向・中小企業支援)」引退予定は「70代」が約5割

□事例)[株式会社リクルート住まいカンパニー]共働き子育て世帯が物件探しで重視したことは「教育施設までの距離」 「周辺の治安」「実家との距離」が上位

□事例)[株式会社スカイシーズ]日本の有力企業のうち、経常利益の30%を超えて、広告宣伝に力を入れている企業の特徴と覚悟

テレビと企業のマッチングサイト「SeeSeedS-シーシーズ-」

の魅力


テレビCMなら名古屋の総合広告代理店スカイシーズはテレビCMが日本一安い

日本一の感動価格

従来のPRサービスの1/2以下の価格でメディア関係者に情報を届けることができます。更に、成果保証プランの場合、テレビ局による取材、情報番組での放映、報道関係サイトへの記事転載等の成果をお約束します。また、今まで広報に取り組んだことがない、自社のHPもあまり更新できていないという企業の場合、自社のHPを持つよりも低コストに管理の手間もなく、簡単に多くの方に情報を届けることができます。

テレビCMなら名古屋の総合広告代理店スカイシーズはテレビCMが日本一安い

テレビ関係者にも
直接自社をアピールできる!

自社で実施する場合、どのメディアを対象とするのかの選定、プレスリリース記事の作成などによる膨大な人件費、時間、諸経費が必要です。そのような時間を削減する為、PR会社等の専門業者を利用すると多額の費用がかかります。また、雑誌、新聞ではなく「テレビ関係者」にアピールできる業者は極めて限られています。

本サービスをご利用いただくことでこれらのコスト、人件費、時間を大幅に削減することができます。尚、成果保証プランのお客様は以下活動も事務局により実施致します。

・テレビ情報番組での取材・放映保証
・「テレビ関係者」へのアピールに加えて、「新聞社をはじめとした全国の報道機関関係サイト」へ記事を転載します。(計50サイト前後への掲載を保証)
・全国の新聞社、雑誌社、業界誌の担当記者へ、PR記事をダイレクトメール配信致します。

メディアミックス力 - Web広告&SNS広告&電車広告&タクシー広告なら名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

成果保証

今までのプレスリリース配信の最大の課題はきちんと記事化されるんだろうか・・・という不安でした。記事化されるためには、プレス向けニュースリリース原稿の書き方のコツやそもそものテーマの選定など多くのハードルがありますが、シーシーズは目に見える成果をお約束します。間違いなく記事になり、テレビからの取材も獲得できるサービスはシーシーズだけです。(成果保証プランが対象です)継続的にプレスリリースを配信することで、圧倒的な影響力を持つメディアの目に留まり、報道・取材を受ける可能性が拓けます。プレスリリースの更新頻度が高い会社は、メディア関係者にも覚えられやすいというメリットがあります。シーシーズの場合、一般的なプレスリリース配信に加えて、運営会社である広告代理店スカイシーズが月毎に掲載企業様を直接テレビ関係者にダイレクトメールを配信することで、更に掲載企業様を強くアピールしている点が他にはない特徴です

テレビCMなら名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

プロの原稿作成アドバイス
&充実のサポートで広報力が高まります

 

広報マンを1人雇った場合、平均400万円/年前後必要となります。更にどのようなテーマを記事にすべきか、原稿作成のコツ、インパクトのある見出しの作り方、写真の撮り方などなど必要な技術を身に着けるためには一定の教育が必要ですが、シーシーズの場合、プロに全てお任せできます。シーシーズで作成いただいた記事を自社HPや広報誌に掲載することで効率的な広報活動ができます。自社の魅力を第三者的な視点で発掘することが広報の基本ですが、なかなか難しい現実もあります。シーシーズの「スタンダードプラン」はテーマの相談からプロのライターと相談できますので、切り口や文章構成などのスキルアップにも繋がります

テレビCM

初めての方でも安心
簡単に掲載できます

 

投稿のシステムは使いやすさに徹底的にこだわっています。迷いなく、漏れなく必要な情報を掲載できるような仕組みが皆様をサポートします。ブログやSNSを投稿する感覚で簡単にスピーディーにプレス/ニュースリリースを掲載することができます。また、『プレスリリース書き方講座』など広報担当者に必要なスキルアップの為のセミナーなども無料で受講いただけます。広報力アップの教育にもご活用ください。

FAQ

無料プランについて教えてください。

SeeSeedSもサイト開設からまもなく1年を迎え、登録企業数・メディアからの注目率も着実に上がってきています。「取材の問い合わせがありました」というお声も非常に増えています。そこで、マスメディアの力を一社でも多くの企業様に活用・実感いただきたいという想いから、初回無料となる「SeeSeedS お試し無料プランキャンペーン」をはじめます。通常、SeeSeedSの利用料金は、月額4万円(投稿可能記事数は12回の年間契約)ですが、 “記事投稿1回分(4万円相当)を無料とさせていただきます”。更に、気に入っていただけた場合は、特別価格にてお申込みいただけます。(継続の可否は、お試し後にお選びください)「新商品・サービスをテレビに取り上げてもらい」「何かPR活動はしたい」「プレスリリース配信で広報力をアップしたい」…など、そのようなお声に応えるSeeSeedSを無料でお試しできるこの機会を是非ご活用ください。「24時間集客する営業マン」「優秀な広報マン」として貴社のブランディングに貢献します。

お問合せ・お申し込みはコチラまでお願い致します。

ご相談~掲載までの流れ


プレスリリース、テレビ取材を狙うならシーシーズを運営する名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

お申込み

契約期間は、掲載スタート月を一か月目とした計12ヶ月(年間契約)となります。契約満了の一か月前までに解約のお申し出がない限り、2年目以降は自動更新となります。

プレスリリース、テレビ取材を狙うならシーシーズを運営する名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

入会審査

法人およびその業務内容が公序良俗違反しないかの確認等、簡単な審査です。株式会社帝国データバンク等の第三者機関を利用して審査する場合もございます。事務局の判断により、掲載をお断りする場合がありますので、予めご了承ください。

プレスリリース、テレビ取材を狙うならシーシーズを運営する名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

必要書類のご返送

「契約書」「銀行口座振替申請書」等
*料金は銀行引落し(前払い)となります。毎月22日に翌月掲載料を引落とさせていただきます。初回のみ、掲載スタート月からの合計料金を一括でお支払いいただきます。

プレスリリース、テレビ取材を狙うならシーシーズを運営する名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

管理画面ログインID/PASS発行&PR記事ご入力
*シンプルプランの場合のみご自身でのご入力が必要となります。
*スタンダードプラン、成果保証プランの場合、掲載まで代行させていただきます。


プレスリリース、テレビ取材を狙うならシーシーズを運営する名古屋の総合広告代理店スカイシーズ

掲載スタート&無料研修受講

事務局からメディア関係者に掲載企業様を紹介させていただきます。

定期的に"プレスリリース書き方講座"など広報に関するセミナーも実施致します。