総合広告代理店スカイシーズ採用情報

広告業界インターンシップイベント


スカイシーズでは、広告業界に興味があるけど
「実際どんな人が働いているの?」
「仕事内容がよく分からない・・・」
といった学生の皆様のお役に立てるよう、
以下のような内容のイベントを
Idayインターンシップとして開催予定です。
参加してみたい!と思ってくださった方は
お問合せフォーム≫より「Winterインターンシップ参加希望」と大学名、氏名、ご連絡先、質問したいことなどをお書き添えのうえ、お申込みください。

【内容】
・テレビ局やラジオ局で働いている方の実際のお話(仮)
・広告業界お仕事体験(仮)
・内定者に相談コーナー(仮)
【参加特典】
*豪華?!参加特典有ります
【日時】12/22(火)
:午後から3時間前後の予定です。現在イベント企画中ですので、詳細は変更になることがあります。予めご了承ください。

#オンライン会社説明会

#社長紹介、創業秘話、特徴

スカイシーズの歴史と
こだわりポイントを
動画で紹介しております。

#事業紹介

スカイシーズは「総合広告代理店」です。
「専門広告代理店」と「総合広告代理店」の違い、具体的なサービスラインアップを
動画で紹介しております。

#実績紹介

スカイシーズの実績(テレビCMなど)や
お取引企業様の一例を
動画で紹介しております。

*本動画は<限定動画>となっており、弊社にご連絡いただいた方のみにご覧いただけます。希望される方は以下「お問合せフォーム」よりお知らせくだ

さい。(競合他社様などはお断りしております)*

#オンライン会社説明会

#代表井口の葛藤

名古屋に3つしかない独立系総合広告代理店のひとつが株式会社スカイシーズです。創業2003年6月。広告業界一筋だった井口の葛藤と決意がスカイシーズを誕生させました。 

#新卒者待遇・福利厚生

長く働いていける職場であるかどうかを業務内容に加えて、待遇・福利厚生などの側面から
もご判断ください。

*本動画は<限定動画>となっており、弊社にご連絡いただいた方のみにご覧いただけます。希望される方は以下「お問合せフォーム」よりお知らせくだ

さい。(競合他社様などはお断りしております)*

#広告業界比較

「3分でわかる広告業界本当のところどうなの?
「お客様の評判は?」
「大手と比較した場合の働き方の違い」
など本音をお話します!

*本動画は<限定動画>となっており、弊社にご連絡いただいた方のみにご覧いただけます。希望される方は以下「お問合せフォーム」よりお知らせくだ

さい。(競合他社様などはお断りしております)*

#全国テレビ局関係者をお招きする大忘年会!

スカイシーズは北は北海道から南は沖縄まで全国のテレビCMも扱うことができる広告代理店です。いつもお世話になっているテレビ局関係者への感謝を気持ちを込めて年末に大忘年会を開催しております。このようにマスコミ関係者様とコネクションができる点も魅力のひとつです。大忘年会ではHawaiianバンドによる演奏をバックに手品や景品が当たるイベントなどもあり毎年大いに盛り上がります。尚、2020年は感染予防の観点から、大忘年会の開催は致しません。

#広告業界ならではのドキドキ体験!

テレビCMなどの撮影でタレントさんなどの著名人に会えてしまったり、CMオーディションでタレントさんを審査したりといったドキドキ体験ができる点も広告業界ならではの魅力の一つです。事業会社や一般企業では、会社内や特定の業界といった限られた人脈になることが一般的ですが、広告業では多種多様な業種の方とのお付き合いになる為、人脈がて大きく広がる楽しみを是非体感してください!違う業界への転職にも繋がり経験を積んだ後に、事業会社の広報部へ転職するという方もいます。

#360度動画で実際の広告代理店のオフィスをご紹介!

スカイシーズの実際のオフィスをご紹介します。会社訪問などで実際ご自分が働くオフィスを確かめることをおススメします。オフィスそのものに加えて、周りの立地、自宅からの通いやすさ、ランチ事情なども実際に働く際には重要になってきます。尚、スカイシーズでは「エナジーフリー制度」として、牛丼、カレー、お茶漬け、コーヒー、お茶などが無料でご利用いただけます。働きやすい職場づくりにこだわっています。



#オンライン会社説明会

#3分で適正診断

スカイシーズ、広告業界に
向いている人が分かります。
3分で簡単にまとめたバージョンです。
ロングバージョンもあります。

#10分で適正診断

new!!スカイシーズ、広告業界に
向いている人が分かります。
10分でまとめたロングバージョンです。
3分のショートバージョンもあります。

#長く働ける職場選びのポイント

いざ、働きはじめてからマイナスの意味での
ギャップをなくすために、
何を気をつければよいのか?
など就職活動に役立つマメ知識を
動画で紹介しております。

#スカイシーズオンライン会社説明会動画

#広告代理店のお仕事体験企画


スカイシーズは「ブランディング」支援会社です。「ブランディング」活動とは何なのか?
を体験していたけるコンテンツです。
広告代理店とは、広告枠をただ買っているだけ
なんて思いこみは今日で変えていきましょう!


#会社説明会でよくあるご質問:FAQ


Q:男女比は?
Q:残業時間は?
Q:会社の特徴h
Q:ユニークな福利厚生制度はある?

#内定後の流れ


内定者研修は7/8月~2月まで。
90分の研修を月1回程度。
社員との懇親、同期と懇親など
入社までになじんでいただく
ことが目的です。

今更!Instagramはじめました

ひたすら美味しいコスパ◎のランチ写真をアップしているシンプルなアカウントです。
@skyseas2020 を宜しければご覧ください!

尚、スカイシーズはInstagramインフルエンサー1000名以上と独自に契約を結びインフルエンサーPRのお手伝いもしております。SNS広告やWeb広告も含め広告といわれるもの全てを組み合わせてお客様の課題解決ソリューションとしての広告&PRを提供しています。

#オンライン会社説明会動画

就職活動の壁の乗り越え方

#就職活動の壁の乗り越え方

頑張る皆様へ
取締役杉浦より応援メッセージ
「失敗は挑戦の証!挑戦なくして進化なし!」

企業広報として働くべきか?広告代理店として働くべきか?

#広告業界で働きたいとお考えの皆様によくあるお悩み1

企業広報として働くべきか?広告代理店として働くべきか?そんなお悩みに「自動系メーカー」「外資系コンサルティング会社」の経験をもつ杉浦がそれぞれの魅力やキャリアパスなどお答えします!

専門広告代理店で働くべきか?総合広告代理店で働くべきか?

#広告業界で働きたいとお考えの皆様によくあるお悩み2

専門広告代理店で働くべきか?総合広告代理店で働くべきか?どんなキャリアステップがあるのか?そんなお悩みに杉浦が公平中立な視点でお答えします!

就職活動

応援メッセージ





これから社会に颯爽と羽ばたこうとされている皆様。
はじめまして、スカイシーズ取締役杉浦でございます。
広告業界の魅力は1言で申しますと「あなたの人生にワクワク」を与えてくれるところが魅力だと思います。

自由で柔軟な発想が許されるお仕事はもしかするとそう多くはないかもしれません。私は卒業後にはじめて就職した会社は大変大きな自動車系メーカーでしたので、あまり仕事に自分らしさを発揮することは難しかったことを覚えています。

「決められたことだけを決められた通りにやってね」
「あなたの意見はもっと成果を出してから言ってね」
「まずは売上優先。お客様への真心は二の次でいいから」
こんな言葉をかけられて思い悩む社会人は少なくありません。しかし、広告業界では年齢、経験による年功序列は一切ありません。どんなアイディアも大歓迎です。あなたらしさを120%、150%発揮していただけるそんな仕事です。

しかしながら、逆に決められたルールやお決まりの虎の巻があるわけではない為、引き出しの多さや常にアンテナを高く張っておく必要性があり自走力が高い方でないと息切れしてしまう難しさもあるのも事実です。

色々な広告業界のアレコレがわかる動画をご用意しておりますので、ご覧いただきながら、その内容に興味を持てるかどうか?で適正をご確認いただければと思います。

私どもの業界は「感動創造産業」です。
お客様が何を期待しているのか?を理解し、お客様の期待の更に上の150%を目指さなければ感動はされません。常に成長したい、色々な幅広い業界に興味がある方であれば
大変楽しくワクワクできるお仕事だと思います。

最後に私が尊敬するタレント兼予備校講師でいらっしゃる林先生の社会人の心得を説かれたメッセージを以下にお伝えして、皆様へのエールにかえさせていただきます。

***以下林先生の『社会人の心得』メッセージ引用***

「誰かが自分の仕事に対してお金を払ってくれるということは、その人に対して責任をとらなければならない。その責任にもちろんつぶれてしまいそうな辛い時もあると思うんですけどその責任をしっかりと担って相手の期待に応えていく。そこに喜びも生じてくるんではないか?と思っています。

そして期待というのは何よりもベクトル量です。つまり方向があるんです。相手は自分に対してどんなことをどういう風にして欲しいと思っているのか?徹底的によーく観察してください。

独りよがりで自分はこれで100点だと思うのではなく、自分に求められていることは何だろう、そしてどれくらいまで仕上げればいいか相手の期待値を読んだ時に、期待値通りで終わっては残念ながら社会では評価されないんです。

100点のことをやってくれと言われて、100点のことで返した時、意外と相手は「まぁ、そのくらいはやってくれると思っていたよ」と思われてしまう。しかし、相手が100点を期待していてそれに120点で返したとき「お、こいつはここまでやるやつなんだ」として、はじめて更に次へと繋がっていく。これが30年以上社会で生きてきた僕がい言えることです。

****林先生の『社会人の心得』メッセージ引用終わり